最初はみんな初めて!初心者OKな風俗店で働くためのポイント

>

客層がライトだと初心者でも働きやすい

ライトな客層でステップアップ

冒頭で風俗には3つのグレードがあり、自分にあったところで働くのがおすすめと説明させて頂きました。そしてもう一つ重要なのが、客層を見極める事です。
実際に働かないと分からない部分はありますが、店舗の立地場所や周りの環境からも推測できますし、面接の際に単刀直入に客層についてスタッフに質問するのも良いですね。
初心者の場合は一般職に就いている、ライトな客層がおすすめです。夜の世界に染まっている訳ではないので気軽に対応出来ますしライトな客層の場合、初心者を好み対応も丁寧であるケースが多いのです。ライトなお客様で接客のステップをあげていき、様々な層のお客様の接客をしていくと無理せずに楽しく働けるのではないでしょうか。

接客スキルを磨こう

風俗と言えば男性にサービスを提供する業種と思われていますが、本当に人気のあるキャストはその男性の事をしっかりと認め、同じ人間として対応してくれています。その気持ちはお客様にダイレクトに伝わるのでそれが心地よさ=リピーターに繋がります。
大げさな言い方かもしれませんが、1日に何度も性的なサービスをしていくと単調にこなしていく作業になってしまいがちです。それがお客様に伝わるとリピートしてくれる可能性は低くなります。
初心者OKな風俗では、仕事内容について積極的に教えてくれるのですがこのようなマインドを教えてくれるところは多くありません。身体を使う仕事なので時には辛いと思う事もありますが、少しずつで構いませんので接客スキルを磨いていけば人気キャストに近づく事ができます。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ