初心者OKの風俗店で働くには

最初はみんな初めて!初心者OKな風俗店で働くためのポイント

風俗ってどんな業種があるの?

自分と同じ給与、待遇なのに同期は常に最新のブランド品を持っていたり、生活水準が上だったりするが、何か副業をしているのか?日本では不景気が長く続き、若者の仕事がないと連日メディアで訴えています。それなのに生活水準が高く、お金に困っている様子がない方がいるのも事実です。

近年では本業以外に副業をしている方が多くなり、その中でも人気を得ているのが風俗です。身体を使った仕事ですし、デリケートな問題でもあるので大っぴらに働いているとは言わなくとも、アナタの普段気にしている方も風俗で働いているかもしれません。統計によると10人に1人ほどは風俗経験者であるとデータがあり、多くの方が風俗で働く事に抵抗がないと言えます。

ちなみに副業して働くのであれば週に1~2回が多く、本業として働くのであれば週4~5回がポピュラーです。風俗の場合、日払いでお給料が貰えるのがほとんどですので、急な出費やお小遣い稼ぎにはもってこいの仕事だといえます。ちなみに働いているエリアや、人気度、待遇によっても異なりますが1日4~5時間働いたとしても数万円はもらえます。昼の仕事だとまずありえませんし、短期でがっつり稼ぐ事もできます。
今回は風俗で働く事にスポットを当てて説明していきたいと思います。ちなみに働くにあたって、どんな店舗や業種があるのかはもちろんの事、初心者OKな店舗で働く際の注意点や気をつけるべきポイントを紹介していますので、参考にしてみてください。

風俗で働く方が増えているって本当?

一言で風俗といっても、様々な店舗があります。初心者で知識がない状態ではどこが良いのかわからないですし、自分に合った店舗や業種を見つけるのは難しいと言えます。 ここでは風俗の業種について紹介していますので、これから働く方には必見の情報になります。

店舗の規模や系列の多さを知る

単に雰囲気が良さそうだからと思って働き始めたのは良いが「思ったのと違う」とやめてしまう方も多くいます。 せっかく働くのなら、長く続けられるところが良いですし、そのような店舗を見つけるには規模や系列店の多さといった、店舗情報を知る必要があります。

客層がライトだと初心者でも働きやすい

いくら店舗の雰囲気やスタッフの質、給与や待遇が良くても、接客するお客様の層が合わないと辛い思いをするかもしれません。 初心者OKな風俗店は、ライトで一般職についているお客様が多いのですがその理由やメリット、注意点について紹介していきたいと思います。